オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

渋川市でカラーベスト材の瓦(コロニアル)屋根の傷みを見てほしいとのご依頼です!


渋川市渋川T様邸屋根見積もり工事全体
屋根の全体の写真です。

主に大部分を占めているのは大屋根です。

外壁から飛び出ている屋根が下屋根です。とてもコケが多く劣化が進んでいましたので塗装、又は屋根の葺き替えをご提案させていただこうと思います。

屋根はコロニアル屋根で、セメントなどの材料を混ぜ合わせた材質です。十年を目安に一度塗り替えが必要です。

屋根の葺き替えは、現状の屋根のままトタンを被せるカバー工法というものがあります。他にも色々な工法がありますが、屋根が劣化し塗装ができない状況であれば、葺き替えの方が良いと思われます。

渋川市渋川T様邸屋根アップ
アップの写真です。

重なり部分に隙間ができていますが、このくらいの隙間でしたら通常です。

隙間は塗装をすることにより埋まってしまいますが、埋まってはいけません。縁切りということを、しなくてはいけません。
隙間にカッターなどの刃をいれ切ることを縁切りといいます。

最近はタスペーサー工法という、タスペーサーを使って重なりに挟み込む部材があり、差し込むだけなので費用はあまりかかりません。
塗装のときに必要なものなので、通常は金額に含まれています。

しかし業者さんによってはタスペーサーを使わないケースもありますので、見積もり時にご確認ください。

なぜ隙間が必要なのか?→くっついた状態ですと毛細管現象という現象により雨水を排水できなくなり、下地の腐食につながり雨漏りの原因になってしまいます。
しかし隙間の開きすぎは屋根の劣化による反りなので補修が必要になります。

渋川市渋川T様邸屋根先端コケ
コロニアル屋根の先端部分の写真です。

コケが沢山生えています。
先端部分は雨水が流れてきて、すぐに落ちるわけではないので雨水が集まる先端部分に、コケが生えやすい状況になっています。

コケは高圧洗浄で落ちます。
コケなどが軒樋に落ち、軒樋のつまりによる雨樋の破損、劣化につながります。

軒樋の樋持ち金具(軒樋を支えている金具)は90センチが多いですが、45センチ間隔についていると多少の重みがかかっても破損にはなりません。
樋持ち金具が破損すると金具が付いている破風板にも影響してきますので、そういった連鎖を防ぐためにもお住まいの点検、補修は必要です。
渋川市渋川T様邸屋根厚みコケ
屋根の重なり部分です。

やはりコケが生えています。
平らな面も白く塗膜が剥げており、劣化が進んでいます。

塗膜が剥がれる事により、屋根が雨水を吸い込みやすくし劣化を進めています。

屋根の塗装は洗浄をして、下塗りを二回して中塗り、上塗りと作業をしますが、先ほどのタスペーサーは、中塗り前に作業するものです。塗装する回数は4回になります。
今回お見積もりをさせて頂きわかったことは、屋根の傷みが酷くコケもたくさん生えているという事です。
新築の時から、紫外線を浴び、雨や風を受け過酷な状況にある屋根は十年もすれば傷みます。

今後のご提案ですが、塗装か葺き替えになると思います。

塗装でも、使用する塗料に種類があります。
シリコン、遮熱塗料や遮断熱塗料にフッ素など様々です。

屋根の葺き替えも種類がありますので、お客様のご予算などをお聞きしてからご提案をしたいと思います。



街の屋根やさん前橋店では、お客様のご希望になるべくお答えできるように心掛けていますので、お気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

前橋市青柳町 棟瓦積み直し

前橋市青柳町のN様で日本瓦屋根の葺き直し工事を行っています。今日は最後の棟瓦を取り直して工事完了までを紹介します。

前橋市青柳町 棟瓦積み直し

前橋市青柳町のN様で雨漏り修理の為、屋根瓦の葺き直しと棟瓦の取り直し工事を行っています。今日は、棟瓦の取り直し工事の様子を紹介します。

前橋市青柳町 棟瓦積み直し

前橋市青柳町のN様で雨漏り修理の為に、屋根瓦の葺き直しと棟瓦の取り直し工事を行っています。前回のブログでは、既存の棟瓦解体の様子を紹介しました。雨漏りを修理のための棟瓦取り直し工事が始まりました 今日は屋根の葺き直し工事の様子を紹...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら前橋店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-82-8783