戸建てから工場・倉庫、複雑な形状の屋根の面積を簡単に算出する方法


複雑な形状の屋根の面積、係数を使って簡単算出
 建物によって屋根材は違うから屋根塗装の面積も大きく違います。「家と隣はほぼ同じ建坪、屋根の面積もほぼ同じ」と思い、お見積もりを出してみたら、大きく違った」という方はおられませんか。例として一般的な化粧スレートとセメント瓦の波形洋瓦を較べてみましょう。一般的な化粧スレートはほぼ平らです。それに対してセメント瓦の波形洋瓦は大きく湾曲していますので、面積は1.16倍になります。単純に考えて、下塗り・中塗り・上塗りの各工程で塗料が1.16倍必要になるのです。これ、結構な差ですよね。もちろん、費用も異なってきます。これから屋根塗装をお考えの方はどの程度差が出てくるのか知っておいた方がいいでしょう。

屋根材の形状によって塗装する面積も変わってきます

 貴方のお家の屋根はどんな屋根材で葺かれているでしょうか。その時々の流行というものもありますが、屋根材は耐久消費財ですから数十年と使われることがほとんどです。
貴方のお家の屋根はどんな屋根材で 葺かれているでしょうか。
 粘土瓦以外は長く使っている間に塗り替えによるメンテナンスが必要なってきます。屋根塗装によって防水性を回復させ、維持するためです。ご自宅に使われている屋根材はどんなものなのか、そしてその面積はどれくらいなのかを覚えておいても損はないのです。

 屋根の面積というと、平らな屋根材がほぼないことから、正確な面積を知らない、または分からないということがほとんどだと思います。
適切なメンテナンスを行うために 屋根材の種類や屋根の面積を 覚えておいても損はないのです!

屋根の面積を知るために便利な概念「係数」

 

屋根材を1つ1つを見てみますと曲線の部分があったり、凹凸があったりして、その表面積を知ることはかなり難しいと感じるでしょう。
 そこで用いられるのが係数です。この係数は屋根材の曲線の部分や凹凸を含めた表面積を数値化したものです。
屋根材の曲線の部分や凹凸を含めた表面積を数値化したもの「係数」
 例えば、よく見かける和瓦(J形)の場合、係数は1.08となっています。軒の長さに斜面の長さを掛け、この係数を掛ければ、屋根のほぼ正確な面積を算出することができるわけです。

 ほとんどの場合、2階建て以上の建物であって、屋根が1階・2階と複数ある場合でも、同一の屋根材が使われていることがほとんどです。1階部分と2階部分で違う屋根材が使われている場合でも、それぞれの係数を知っておけば、正確な面積を知ることができます。  
屋根の面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数=屋根の表面積。和瓦なら1.08
 また、大まかに屋根の面積を求めたい場合は床面積から求める方法もありますので、だいたいの目安は付けられるのです。

簡易的な屋根の面積の求め方はコチラ

屋根の面積の求め方 戸建て住宅編
 

屋根において最もバラエティに富んでいる建物と言えば、個人が所有するお家です。代表的な屋根材だけでも瓦、スレート、金属がありますし、それらの形状を含めると本当に多岐に渡ります。
 現在のお家が粘土瓦の屋根で塗装の必要がないとしても、引っ越したり、建て替えた際に該当する屋根材の係数を知っていると何かと便利です。
セメント瓦 形状が和瓦(J形)の場合、係数1.08
 セメント瓦でも形状が和瓦の場合、粘土瓦の和瓦とほぼ同じで係数も1.08になります。軒の長さと斜面の長さから求めた屋根の投影面積にこの係数、1.08を掛けたものが実際の塗装する面積になります。

形状が和瓦(J形)の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.08

セメント瓦 形状が波型(M型)の場合、係数1.16
 セメント瓦やモニエル瓦でよく見かける形状が波型やM型と呼ばれる形状です。曲線の部分が多い分だけ、塗装する面積も大きくなり、1.16倍になります。

形状が波型(M形)の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×1.16

セメント瓦について詳しくはコチラ

金属屋根(瓦棒葺き)の場合、心木の有無によって係数は変わります

 瓦棒には昔ながらの木材に屋根材を固定する心木有りの瓦棒と下地に直接固定する心木無しの瓦棒があります。この心木の有無によって係数は変化します。
金属屋根(瓦棒葺き) 心木有りの場合、係数1.24

係数では1.24と 4分の1近く面積が大きく なるのは驚きです
 一般的な瓦棒屋根の心木の太さは横45mm、高さ40mm程度で、これが420mm間隔で並びます。心木の入った部分の外観の大きさは横・高さともに50mmです。
 何と係数では1.24と4分の1近く面積が大きくなるのは驚きです。
(鋼板の 働き幅+心木が入る部分の両面分)÷鋼板の働き幅=係数
 420mm毎に左右の高さ50mmずつを塗る必要があるから、4分の1近く面積が大きくなるのです。

心木有りの場合の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.24

金属屋根(瓦棒葺き) 心木無しの場合、係数1.14
 心木無しの瓦棒は製品によって鋼板の幅が違います。ここでは心木有りとほぼ同じ働き幅の418mmのもので係数を算出します。心木無しの瓦棒は通し吊り子で鋼板が繋ぎ合わされます。この通し吊り子の高さは30mmです。
(鋼板の働き幅+通し吊り子の高さ2両面分)÷鋼板の働き幅=係数
 実際には通し吊り子に被せるキャップがあり、これが凹形状をしているので、この数値よりもほんのちょっと多めになるでしょう。

心木無しの場合の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.14
 働き幅(鋼板の幅)が大きくなれば係数は小さくなりますし、働き幅が小さくなれば係数は大きくなります。計算方法は前述の通り、鋼板の働き幅に通し吊り子の高さ両面分を足して、鋼板の働き幅で割ればいいので、働き幅が変わっても対応できますね。

働き幅 364mmの場合と、働き幅 455mmの場合

金属屋根(立平葺き)の場合、係数1.15
 立平葺きも心木無しの瓦棒と同じように製品によって鋼板の幅が違います。ここでは心木有りの瓦棒420mm、心木無しの瓦棒418mmに近い390mmのもので係数を算出します。
働き幅 390mmの場合(390+30+30)÷390=1.153…
 立平葺きの場合、鋼板の端の重ね合わせる部分が斜辺となっているため、実際の塗装面積はこれよりもやや大きくなります。

金属屋根(立平葺き)の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.15

立平葺きについて詳しくはコチラ

 アスファルトシングルも、化粧スレートも、成型金属屋根も、凹凸もありますし、重なり部分の段差もあります。厳密に言えば、平らな面を塗っているより、塗料は必要となるのですが、微妙な数値なのでこれらは単純に図面や実際に計測した面積がそのまま塗る面積となります。
アスファルトシングル

化粧スレート

成型金属屋根

アスファルトシングル・化粧スレート、成型金属屋根の 面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ=屋根の表面積


屋根の面積の求め方 工場・倉庫編
 

工場や倉庫の場合、戸建て住宅のように屋根や外壁にバラエティに富んでいる建物はそれほどありません。金属の折板屋根、屋根も外壁も大波スレートや小波スレートという建物が多いのです。ここでは折板屋根と大波スレートと小波スレート、金属波板の係数を挙げておきます。
 折板屋根もその用途に合わせてさまざまものが存在しますが、主に流通しているのは高さ88mmの「88タイプ」と高さ150mmの「150タイプ」が2種類になります。
高さ88mmの「88タイプ」の係数1.44、高さ150mmの「150タイプ」の係数1.69

折板屋根の画像
 折板屋根というと知識がないのか、わざとなのかは分かりませんが、全て係数1.69で計算してくる業者もいますので注意しましょう。塗る面積が21%以上も増えるので、それだけ損をしてしまうことになります。
「150タイプ」は「88タイプ」 と比べ21%も面積が 増えますのでお見積りの 際は注意が必要です!
 他の高さの折板屋根の場合はその製造メーカーのホームページを見てみましょう。ほとんどの製造メーカーはその屋根材の詳細な断面図と寸法を掲載しているはずです。

 各寸法が分かれば、計算でその係数となる数値を求めることもできます。
高さ88mmの「88タイプ」の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.44 高さ150mmの「150タイプ」の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.69

折板屋根の面積の求め方はコチラ

大波スレートの場合係数1.14、小波スレートの場合係数1.15

スレートの画像
 工場や倉庫などで屋根だけでなく外壁にも使われることが多い大波スレート。こちらの係数は1.144になります。
 小波スレートの場合の係数は1.154です。1つ1つの波は小さいものの、波の数が多い小波スレートの方が面積は増えそうなものですが、さほど違いがないことが分かります。
大波スレートの屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.14 小波スレートの屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.15

大波スレートと小波スレートについて詳しくはコチラ

金属波板(大波)の場合、1.15 金属波板(小波)の場合、1.20

金属波板の画像
 波型スレートと同じく、こちらも見た目ではどの程度の面積があるか分かりません。大波が1.15 小波が1.20となります。
 スレートも、金属も、波型の屋根材を見てみると波の大きさが小さくなるほど、面積が増える傾向にあることが分かります。表面の凹凸が小さくなっても、その分、数が増えるので総面積は増えるのです。
金属波板(大波)の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.15 金属波板(小波)の屋根面積を算出する方法は、軒の長さ×斜面の長さ×係数1.20

トタン屋根について詳しくはコチラ

どんな業者も塗料はちょっと多めに注文します

 ほとんどの塗装業者では塗料はちょっと多めに注文します。ローラーや刷毛で塗る場合も垂れたりしますし、作業していれば養生にも塗料がつきます。また、綺麗な線を出すために養生に塗るような感じで塗り進めることもあります。
セメント瓦やスレートの場合、傷んでいると 想定以上に塗料が染み込んでしまうこともあります

必ず必要な分+予備分
 また、セメント瓦やスレートの場合、傷んでいると想定以上に下塗りでは塗料が染み込んでいってしまうこともあります。もちろん、傷みに応じて塗料を選定するわけですが、同じ建物でも屋根材の劣化は一定ではありません。よく日が当たるところなどは塗料の使用量も多くなることが多いのです。

 途中で塗料が足りなくなり、作業を止めてしまうとお客様にご迷惑がかかりますから、ある程度は余裕を持った発注の仕方をするのです。

屋根の面積に疑問がある場合は質問しましょう

 業者によってお見積もりの形式はさまざまで、塗装する屋根の面積を軒の長さと斜面の長さでしか記載しないところもあれば、係数をかけた数値を記載してくるところもあります。
相見積りで屋根の面積が 各社バラバラ…そんな時は業者に質問してみましょう!
 また、注釈で係数を記載してくるところもあります。相見積りで屋根の面積がバラバラだった場合、業者に質問して見るのが一番です。ほとんどの場合、「この場合はセメント瓦の波型なので見た目よりも○%程度、塗る部分が増えます」と答えてくれるでしょう。

 また、見た目ではなく表記されている面積だけでなく、屋根塗装の総額で較べてみることも重要です。面積が違っていてもほぼ金額が変わらない場合はどのお見積もりも正確ということになります。
工場などは、フックやボルトが1000本以上 ということもあり塗装の対象のため これだけでも結構な塗料が必要です。
 さらに屋根の係数の数値が業者によって微妙に変わることもあります。本稿では少数点3桁目を切り捨てしていますが、切り上げする業者もいます。例えば、折板屋根や波形スレート、金属波板の場合、屋根材を固定しているフックやボルトも塗装の対象です。工場などの広い屋根を塗る場合、フックやボルトだけで1000本以上ということもあります。これだけでも結構な塗料が必要です。
 こちらは係数に含まれていませんので、切り上げしてくる業者が一概にボッタクリかと言えばそうではないのです。

 街の屋根やさんは相見積り大歓迎です。まずは無料点検をご依頼ください。
相見積りについて詳しくはコチラ

無料点検について詳しくはコチラ

街の屋根やさんは相見積り大歓迎です まずは無料点検をご依頼ください!

複雑な形状の屋根の面積を簡単に算出する方法のまとめ

●瓦の場合、実際の面積は和瓦(J形)が1.08倍、洋瓦の波型(M形)が1.16倍になります

●金属屋根材で瓦棒葺きの場合、1.24倍と面積は大きめです

●同じ金属屋根材でも立平葺きは1.08倍と和瓦並みです

●スレート屋根やアスファルトシングルの場合、係数は使いません

●折板屋根では高さが違うものが存在し、係数も違います

●立平葺きや折板屋根で高さや幅が違っても、計算で面積を算出することが可能です

●波形スレートや金属波板の場合、波の高さや幅が小さくなるに連れ、実際の塗装面積は大きくなる傾向があります

●屋根の塗装面積に疑問などがある場合は遠慮せずに業者に聞きましょう

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら前橋店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-82-8783