オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
街の屋根やさん
街の>屋根やさん
街の屋根やさん

高崎市金古町で築19年の屋根のぐし瓦下と鬼瓦の漆喰をつめました

高崎市金古町漆喰工事前
こちらは工事前の屋根の状態です。

遠目でも漆喰が剥がれているのがわかります。
この剥がれた部分が地面に数個落ちていました。

この状態は台風が原因ではないようですが、台風の風で屋根に落ちていた漆喰の塊が下に落ちたようです。
高崎市金古町漆喰工事後
こちらは完成写真です。

既存の漆喰を全て剥がし、下に土が見えるようにします。
その後、新しい漆喰を塗りこんでいきます。

写真ですと暗くてわかりにくいですが、黒い漆喰が塗りこんであります。

漆喰の色は、顔料や色粉を混ぜる事により黒になります。





高崎市金古町鬼瓦漆喰工事前
こちらは「鬼瓦」と呼ばれる部分です。

漆喰はほとんどなくなり、下地が見えている状態です。
このままですと、接着しているものがほとんどないため瓦が落ちる危険があります。


高崎市金古町鬼瓦漆喰工事後
漆喰を詰め終わりました。

屋根漆喰は環境などにもよりますが通常、15年から20年ほどで傷んでしまいます。

漆喰は瓦と瓦の接着剤の役割を果たしているため、ある程度年数が経って漆喰が流れてしまった場合は、詰め直す必要があります。

屋根はご自身での点検は危険ですので、専門業者に依頼しましょう。
街の屋根やさん前橋店の屋根無料点検をおススメ致します。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら前橋店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!
0120-82-8783