オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根遮熱塗料の色による遮熱効果の違いについて


塗装色による遮熱効果の違いについて。色による赤外線の反射率の違いについて詳しくお伝えしたいと思います。
屋根色と遮熱性についてのイラスト
屋根の塗り替えをする際に、色決めでお悩みの方も多いと思います。 弊社で塗り替えをされるお客様は、外壁色とのバランスやデザイン性を重視したという理由で色決めをされる方がほとんどです。


地球温暖化で温度の上昇が問題とされていますが、屋根の塗装色で遮熱効果が違うということをご存知でしょうか? 屋根色で迷ったとき、遮熱効果を考慮した日射反射率の高い色を選んでみるのもひとつの方法かもしれません。
塗膜の明度と日射反射率の関係についてのグラフ
今回F様邸におすすめした『高日射反射率塗料アレスクール』は赤外線を反射させる特殊顔料を使用していますので、どの色でも一般の塗料より効率よく赤外線を反射します。しかし、色によってその効果に差が出てしまいます。
暗く濃い色ほど反射率は低くなり、明るく薄い色ほど反射率は高くなります。



※左記グラフは、アレスクールのパンフレットより
カタログより色サンプル
今回F様邸におすすめした『高日射反射率塗料アレスクール』は赤外線を反射させる特殊顔料を使用していますので、どの色でも一般の塗料より効率よく赤外線を反射します。しかし、色によってその効果に差が出てしまいます。
暗く濃い色ほど反射率は低くなり、明るく薄い色ほど反射率は高くなります。

※左記グラフは、アレスクールのパンフレットより
藤岡市F様邸の施工後の屋根の写真
しかし、一般的には暗めの色が多く選ばれています。
今回のF様も屋根色は黒でした。

外壁とのバランスやデザイン性、周囲との調和や近隣への日光の反射、汚れやすさを考えると、やはり暗めの色が人気なのでしょう。

遮熱効果だけを考えた場合、白や明るく薄い色はおすすめですが、目立ちやすく経年劣化がしやすい色といえます。


色の遮熱効果も気になるけれど、汚れなどが気になるという方は、グレーや茶色などの中間色を選んでみるのもいいかもしれません。




これから熱くなる季節ですので、遮熱効果の高い塗料を使った屋根の塗り替えは特におすすめです。
『高日射反射率塗料アレスクール』にご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。
0120-82-8783まで
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら前橋店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-82-8783