北軽井沢(嬬恋村)でガルバリウム鋼板屋根材撤去後のルーフィング貼り作業


北軽井沢に別荘を所有のお客様より、屋根葺き替えと外壁塗装工事のご依頼を頂きました。 
屋根葺き替え工事に入り、本日は屋根材撤去後のルーフィングを貼る作業のご紹介です。

ガルバ屋根材解体中
ご相談頂いた際に、「今後なるべくメンテナンスフリー(長期間メンテナンスをしなくていい方法)にしたい。」とのご相談内容でした。

カバー工法もご提案させて頂きましたが、現在の屋根材下の状態(野地板の部分)が心配で確認したいというご依頼もあり、葺き替え工事をする事になりました。上のお写真は既存の屋根材を撤去している所です。

屋根材の下のルーフィングは、劣化している箇所もほとんどなく比較的キレイな状態でした。多少気になる点は、天窓まわりの状態と屋根材にサビが出ていますが、現時点で雨漏りはなかったので特に問題はありません。

時間の経過とともに屋根材の塗膜自体がなくなっているため、葺き替えやカバー工事をしなくても塗装は必要になります。


屋根材撤去後の野地板
ルーフィングを撤去した状態です。
お客様がご心配された状態にはなっていません。

屋根のガルバリウム鋼板とルーフィングを撤去した下は、このように板(野地板)が貼ってあります。

この時点で野地板が傷んでいる場合は、板の張り替えをしてから、新しいルーフィングを貼ります。
ルーフィングタディスホワイト
屋根材の撤去が終わりましたので、新しいルーフィングを貼ります。

ルーフィングとは、下葺き材・防水材などの屋根材の事をいいます。

雨や雨漏りから屋根を守っているのは、瓦やガルバリウム鋼板ではなくこのルーフィングです。

雨漏りが起こる場合、このルーフィングが劣化していることが多いため、非常に重要な屋根部材になります。
タディスホワイト画像
今回使用したルーフィングは田島ルーフィングのタディスホワイトです。
こちらは高級改質アスファルトルーフィングで、高温でもダレにくく、低温で割れにくいです。この弾力があることで、釘穴止水性や耐久性にとても優れています。

さきほどもご説明させて頂きましたが、雨漏りを防いているのは「ルーフィング」です。
耐久性の高い屋根材を使用して屋根を葺き替えることは屋根を長持ちさせることにつながります。しかしルーフィングの耐久性も非常に重要になりますので、屋根工事の際はルーフィングにもこだわるべきだと考えます。

ルーフィングこだわる方はなかなかいませんが、この防水シートは最終的に雨漏りを防いでくれる大切な建材です。
屋根工事のお見積り依頼の際は、使用するルーフィングの確認をすることをお勧め致します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

前橋市富士見町で日本瓦から防災洋瓦への葺き替え工事

前橋市富士見町 屋根瓦葺き替え工事前
前橋市富士見町 屋根瓦葺き替え工事後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
三州 軽量防災平板瓦・改質アスファルトルーフィング
築年数
築32年
建坪
55坪
保証
工事費用
約197万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

前橋市鶴が谷町 パミール屋根調査

前橋市鶴が谷町にお住まいの方から屋根のお問い合わせをいただきました。 「屋根から黒っぽい物が落ちて来るので、下から見たら屋根の先がパサパサになって崩れてしまいそうです。屋根がどうなっているのか見てもらえますか」とのことです。調査員...........

洋瓦

前橋市今井町のN様より、劣化に伴う屋根の葺き替え作業についてご相談がありました。奥様より、『この際、純和風のお家を少しでも洋風に見えたら嬉しいけど…そんな事って出来るの?』とのイメージチェンジをご希望です。そんな事? 出来ます??そんな事!...........

前橋市富士見町瓦をクレーンで運ぶ

前橋市富士見町、屋根葺き替え工事の最後のご紹介になります。新しい屋根瓦を葺く準備が全て終わり、瓦を葺いていきます。